会社で嫌がらせを受けた場合の対処法

会社で嫌がらせを受けた場合の対処法を教えます!

ここ最近ではよく聞かれるようになったパワハラ、セクハラ、モラハラの言葉は会社や仕事場、職場においてのいわゆる嫌がらせ、いじめとなる行為となります。近年においては子どもの虐めから始まり大人になってもその様な行為が行われていることは度重なるニュースでも聞かれまたテレビドラマにおいても題材として放送されているのも多々あります。

 

他人事のように思われますが実際にその様な経験をされたことがあるとしている人は少なくないようで、最悪な事態となることも近年では見られるようです。そのため遺族や友人が訴えるというケースも報道されていることも明らかでもあります。

 

また退職や辞職、異動などに追い込まれている方もおりますがその中では大黒柱として稼がなくてはならない!我慢してやり過ごすしかない!昇格するため!として自然に収まることを祈りじっと耐えている人もいるようです。

 

しかしそれで本当によいのでしょうか。会社での嫌がらせは決して許せる行為ではなく上司または同僚、異性のそれぞれの立場から陰湿ないじめはどんどんとエスカレートすることも考えられ何か対策を考える必要があるとしています。ここでは職場でのいじめ、嫌がらせを受けた場合の対処法を紹介したいと思います。泣き寝入りすることなく事実を明らかにして立ち向かうことも今後も長く職場に勤務するためにも必要としています。

 

職場、社内ではどんな嫌がらせがある?

 

  • パワハラでは上司からの嫌がらせ嫌味や悪口
  • 他の社員の仕事量の違いでは過度に多い、少ない
  • モラハラでは同僚からの無視や人格否定、差別的発言
  • 社員の前で怒鳴る、暴力
  • セクハラでは言葉の性的暴力、実際に体に触れてきた、性的欲求をされた

 

職場の虐めは我慢すべき?立ち向かうべき?

 

  1. 同僚、上司に相談する!
  2.  

    大人の嫌がらせでは特に社内では陰湿ないじめが多くまるで子供じみた行為でもあるようです。そこで仕事として割り切ってしまえる人もいればストレスが溜まり結局は退職するという逃げ道を選択する人もいるようです。何も悪いことをしたわけでもないのになぜそこまでするの?と一人で悩むのではなく、信頼できる上司や同僚に相談するのも一つの手でもあります。

     

  3. 社内に相談できる専門機関があれば申告する。
  4.  

    大規模な企業となるとこの様な様々な社員のトラブルや問題など専門に相談できる機関を設けているところもありますので解決に至らない場合には申告して対応してもらうこともできます。

     

  5. 証拠を残し会社に訴えるまたは本人と直談判する。
  6.  

    ボイスレコーダーを常備しとき悪口や嫌味、暴言など録音しまた仕事量においては記録することで証拠として残すことができます。そこで事実を明らかにすることで厳重注意、降格、減給、懲戒解雇といったそれ相応の処分を会社側は嫌がらせした本人に処分を下すこととなります。また直にいじめ側に証拠を見せることで自分の立場が危うくなることを実感し収束することも予想されるようです。

     

  7. 各都道府県の労働局に申し立てを行う。
  8.  

    個別労働紛争解決の援助を申告することで職場いじめは労働者と会社(事業主)との間に紛争が生じているということになるとして、会社への指導として原因と事実確認を要請しその後対処するよう命じてくれます。

 

どんな嫌がらせやいじめにおいても卑劣な行為として我慢する必要はありません。理由もなく他人に虐げられるなんて家族や親が知れば悲しいものでもあり、怒りがこみあげてくるものでもあります。些細なことが原因でこの様な会社でのいじめは実際にあり、多少限らず経験した、社内で実際に行われているのを見たという人は多くいるようです。

 

近年では探偵社においても企業から、本人からの依頼として社内の職場環境の調査を実施しているところもあり、特にセクハラ、パワハラの事実がないのかまたあればその証拠たるものを残し会社側が対応するとしています。ですので我慢することなく毅然とし堂々とした対応で相手に立ち向かう勇気も必要となり、力になってくれる人は周りを見渡せば必ずおり社内の嫌がらせ対処法も多々ありますので安心して下さい!